読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

petitcoucou’s blog

リラ冷えの街でのんびり暮らしている人が書いています

#RedFaction in 北海道を取材していただいたので #Ingress について熱く語ってきました

スポンサー広告

お願い!顔の小じわはしっかり修正して

毎日、連呼していますが本日(6月14日)は世界献血者デー本番です。わざとらしく、大通献血ルーム付近をうろちょろしていたら、とある報道機関の記者さんからRedFaction*1に関する取材を受けました。

私も"一応"ライターの端くれ、万人にイメージしやすい記事に仕上げるために"山田花子さん(19歳・学生)"みたいな顔写真付きプロフィールがマストだとわかっています。なので、「本名でもエージェント名(Ingress上のプレイヤー名)でもどっちでもいいです。お願いだから、顔の小じわにはしっかりと修正を入れてから掲載してくださいね」としつこく、念を押しておきました。

ついに献血ルーム内部に潜入

一流紙の取材ということで、先日のイケメンも日赤さん側担当者として登場し、ぜひ献血ルームの中も見てくださいってなことになり、どさくさに紛れて私も何枚か写真を撮らせてもらいました。

先方から「写真OKですよ〜」と言っていただいたのですが、さすがにここは献血ルーム。まさに今、横たわって貴重な血を提供している方もいらっしゃる空間なので、Ingressアプリを入れていない方(というか、未対応)の秘密兵器を取り出しました。

詳細は続報で・・・

小一時間ほど、『血の気の多いエージェントゆる募 #世界献血者デー #Ingress』から今日までのIngress仲間との出来事を語り、興奮のあまりNuAns NEO TRICOLOREを床に落っことしてしまいました。

本稿、リンクばっかりで中身がなく、名刺をお渡しした記者さんに「ご職業は一応ライターってことでいいですか?」と確認された拙者。恥ずかしぃっす(=´Д`=)ゞ 

今日は世界献血者デーだから、盛り上げて〜

ガッテン承知つかまつりました。

北海道ブロックのレッドファクションは日曜(6月19日)まであるからネタは小出しにして〜

かしこまりました。

slack*2って、東京のナウい人はビジネスに活用していると聞いたんだけど、こんな指令ばっかり飛んできて、仕事にならんちゅうに(笑)