読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

petitcoucou’s blog

リラ冷えの街でのんびり暮らしている人が書いています

NuAns NEOを「サードウェーブ系スマホ」と勝手に命名

Windows 10 Mobile
スポンサー広告

格安スマホとは呼べないNuAns NEO

Windows 10 Mobile搭載のNuAns NEOをポチった経緯でふれたトリニティ社の星川さんがFacebookでこんなことをつぶやいていました。

格安スマホ、ではないNuAns NEOは何と呼ばれるのだろうか。

格安スマホ、ではないNuAns NEOは何と呼ばれるのだろうか。「MM総研では、2015年度上期のSIMフリースマートフォン市場について、ASUSやプラスワン・マーケティング(FREETEL)など、SIMフリー端末の専業メーカーの台頭が...

Posted by 星川 哲視 on 2016年1月14日

お値段は?

iPhone*1よりははるかに安いNuAns NEOですが、端末とカバーをセットした価格設定は4万円超となります。

競合品と比較しても価格だけでNuAns NEOを選ぶ人はいないでしょう。

gigazine.net

性能は?

CPUその他のスペック*2を総合的に評価するとハイエンド端末という位置づけです。

CPUはミドルレンジの新型スナドラ617を採用、国内Win 10 Mobile機で最高スペック

japanese.engadget.com

スタバに馴染むオシャレさが高評価(笑)

北見市在住のタクミサトさんはNuAns NEOのデザイン性を「スタバ対応端末」と評しています。

rensai.jp

MVNOを選びたいけど、ライフスタイルは妥協したくない

記者会見で星川さんはこう語っています。

都内で行われた製品発表会でトリニティ株式会社の星川氏は、キャリアの取り扱うハイエンド機種か、SIMフリーで販売されている格安スマホの2つしか選択肢が無い状況を打破して、ライフスタイルに寄り添った第3の選択肢として、NuAns NEOを開発したと経緯を説明しました。

多数のオプションが楽しいWin 10 Mobileスマホ、NuAns NEO発表。スナドラ617初採用でContinuum対応予定、予約受付中 - Engadget Japanese

「MVNO*3(俗にいう格安SIM)に興味はあるけれど、iPhoneみたいなファッション性も重視したい」という人が欲しい端末が今までありませんでした。そこでトリニティ社により提案されたのがNuAns NEOだったというわけです。

iOS、Android二択の市場に投下されたWindows10 Mobile

Windows Phoneの日本でのシェアは昨年夏の時点でわずか0.1%でした。

主要国の2015年7月時点での主要国のスマートフォン用OSのシェアは次のようになる。

スマートフォン用OSシェア(2015年7月)
 AndroidiOSWindowsBlackberry
フランス 69.6% 17.0% 12.6% 0.3%
ドイツ 73.7% 15.2% 10.1% 0.7%
米国 65.6% 30.1% 3.8% 0.4%
ロシア 76.6% 10.1% 11.9% 0.3%
中国 79.1% 19.1% 1.5% 0.0%
日本 62.9% 35.1% 0.1% 0.9%

(Kantar Worldpanel調べ)

ASCII.jp:日本でもAndroidがシェアトップ!? 新型iPhoneでiOSは巻き返すか? (2/2)|高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」

iOSやAndroidは元々スマートデバイス専用に開発されたものですが、Windows 10はこのバージョンからパソコンでもスマホでも共通のプラットフォームが利用できるようになりました。詳しくは発表会の様子が録画されたYoutubeの40秒目以降をご覧ください。

私の周囲の日頃ガジェットに関心がないクラスタの方々からも「このスマホって、会社で使っているWindowsと同じなんでしょ?WordとかExcelもそのまま使えるんでしょ!」といった期待の声が寄せられています。

スタバより"ブルーボトル対応スマホ"として推したい

だったら、もうNuAns NEOのカテゴリ名は「サードウェーブ系スマホ」でいいじゃないですか。スタバはやはりMacBook Airを開いて、ドヤッと仕事をする場所です(笑)。これからは、ブルーボトルのように長居を前提としないコーヒーショップでさくっとWindows 10 Mobileを起動するのがスマートじゃないかなぁと勝手に思っています。 

naoko.ueda.jp